ダンボール印刷について調べようトップ >>

ダンボール印刷について調べようへようこそ!

ダンボール印刷について調べようへアクセスしていただき、ありがとうございます。

ダンボール印刷について調べよう

ダンボールは、通常、その中に梱包される商品を保管したり、運搬の際の振動や衝撃などから保護するために使われるものです。

オリジナルで製作しようとすると、小ロットでオーダーメイドできる業者がたくさんあります。

梱包や保護という目的以外にも、POP、什器、ディスプレイや商品棚を作るにしても、サイズや形状を自由にオーダーメイドできるのです。

そしてもちろん印刷も例外ではありません。この印刷という部分が唯一、オリジナリティを簡単に出せるところですし、オーダーするにも気合が入るところではないでしょうか?

目を引くデザインや表示によりそれぞれのブランドを差別化し、消費者にアピールすることができる絶好の工夫です。

また印刷されたさまざまな商品情報により、箱を開けることなく中身の商品を判別することも可能になるのです。

しかも、商品に関するさまざまな注意事項や荷扱いについての表示は、商品保護にも有効とされているため、折角オーダーするなら必須な項目と言っても良いのではないでしょうか?

しかしインクの種類やどの程度までのリクエストに応えてもらえるのかといったような、良く分からないところが多いのもこの部分です。

少し聞いたところでは、インクの種類は水性インクを使用しているようで、色が重なる部分はきれいに印刷がでないことがあるみたいです。

また細かさへの対応という点では、アニロックスロールのスクリーン線数は200線を使用しているらしく、版上では40線で印刷されるというところまでは分かります。

何色でも同じなのかと思っていたところ、2色以上ですと、印刷のズレが生じる場合があるようです。

一度にオーダーする枚数によっては設備も変わってくるようですし、作られるものもどうやら少し違うみたいです。

一例を挙げるなら、オフセット枚葉方式は、より美粧性の高い出来栄えを得る方法として、印刷精度の高いオフセット印刷紙を片面ダンボールに貼合する方法です。

そして代表格、フレキソ印刷という方式は、昭和40年前期に初めて出廻るようになった方法で、今では最も一般的なものだそうです。

ところで版下というものが事前に必要になり、1色1枚という数量で作成されます。

これを作ればもう完成は間じかというところですが、その前に知っておくべき情報や考えるべき点がたくさんあり、ここではそれらをお伝えしていきたいです。

ダンボール印刷について調べよう記事一覧

ダンボール印刷について調べよう

ダンボール印刷

ステップ1【ダンボールについて知っておこう】

ステップ2【ダンボール素材を決めよう】

ステップ3【ダンボールの形状を決めよう】

ステップ4【ダンボール印刷について知っておこう】

当サイトについて

ダンボール印刷について調べようへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。